Diary

Diary

明日は節分

2月、節分・立春が目前です。
旧年度は、Abundanteをお引き立ていただける皆様のお陰でいい年の一年でした。

お正月とはまた違う気持ちで、新しい年の始まりを切れたらいいな…と思います。
新たな気が漲る新年度が迎えられるよう、気を引き締めてすすめてまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

【升たか作品展】

3月は升たかさんの小作品展を開催予定ですが、先駆けて初めて拝見する作品が届きました。
昨年暮れの作品展で初めて作られたという壁に掛けるタイプのものです。

土台となっている木には升さん自らが漆喰を施されています。
そのために漆喰の作家さんの元で勉強されたとか…

その純粋な熱意に感動します。

写真は6点届いたもののうちの一つです。

*
「私の空」
写真では分かりにくいですが、白い人形と陶片が貼り付けてあります。
*

あれこれうまく説明できないけれど、猛烈に素敵です

なんだかもう抱き締めていたいくらい、大好きです

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

芦屋の陶芸ギャラリースペース Abundante(アバンダンテ)
陶芸・木工・漆器・硝子等の作品を展示しています
Abundanteへの道順 → click here!
MAPはこちら → click here!

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【横山拓也さんの器で美味しいレッスン】
~春待ちわびて 「甘空」 池㞍彩子さんの早春料理~

■開催日
日時:2月12日(日)・2月13日(月)・2月14日(火)
11:30~14:00

■定員:各7名様 

■参加費: 11,000円
☆Present(横山拓也陶芸作品)を、ご用意しております。
※ご注意!:キャンセル料は、前日及び当日は全額、前々日は¥6000-いただきます。ご了承下さいませ。

■料理 甘空 池㞍彩子

■Coordinator 生田純巳子

※お問合せ、お申し込みお待ちしております。

お申し込みは、お電話 0797-25-0862 ・FAX 0797-25-0864または、contactよりお受付いたしております!
皆様のお申し込みお待ち申し上げております。 

※案内状をご希望の方は、コンタクトページよりお申し込みください。

どうぞよろしくお願いいたします。

【横山拓也 2017作品展】

■開催日
日時:
前半 2月4日 土曜日 ~ 9日 木曜日
後半 2月17日 金曜日 ~ 25日 土曜日(但し19・20日は休廊)
※作品展での作家在廊はございません。 企画レッスンに在席いただきます。
11:30~18:00 (最終日 17:00迄)

2017-02-02

 

可愛いギャング

今日も気持ちのよいお天気!
寒くても日差しは春めいて、気持ち浮き立つようです。

Abundanteのバンクシャに可愛いギャングが‥

メジロ!

そうです目白押しのメジロです。
花をついばみにやってくるのですが、最初は一羽。
次は二羽三羽と、

以降、目白押し!

対策会議を開かねば、ベランダの植込みが散々たる姿になりそうです!

【横山拓也さんの器で美味しいレッスン】
~春待ちわびて 「甘空」 池㞍彩子さんの早春料理~

■開催日
日時:2月12日(日)・2月13日(月)・2月14日(火)
11:30~14:00

■定員:各7名様 

■参加費: 11,000円
☆Present(横山拓也陶芸作品)を、ご用意しております。
※ご注意!:キャンセル料は、前日及び当日は全額、前々日は¥6000-いただきます。ご了承下さいませ。

■料理 甘空 池㞍彩子

■Coordinator 生田純巳子

横山拓也作品展の企画レッスンのお料理は、甘空 池㞍彩子さんにお願いしています。

シンプルだけどとても表情豊かな横山さんの器にどんなお料理が載るのか…楽しみです
お料理に使う食材や調味料にまでとてもこだわられる池㞍さん、素材の味を引き立たせる調理法などもとても興味深いものです。

写真は去年5月の企画レッスンの時のものです。
ジューシーで野菜の旨味たっぷりまとったローストポーク

レッスンに使う食材もほぼ全て生産者さんから取り寄せられるのですが、その情報を聞けるのもとても参考になります。

※お問合せ、お申し込みお待ちしております。

お申し込みは、お電話 0797-25-0862 ・FAX 0797-25-0864または、contactよりお受付いたしております!
皆様のお申し込みお待ち申し上げております。 

※案内状をご希望の方は、コンタクトページよりお申し込みください。

どうぞよろしくお願いいたします。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

芦屋の陶芸ギャラリースペース Abundante(アバンダンテ)
陶芸・木工・漆器・硝子等の作品を展示しています
Abundanteへの道順 → click here!
MAPはこちら → click here!

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【横山拓也 2017作品展】

■開催日
日時:
前半 2月4日 土曜日 ~ 9日 木曜日
後半 2月17日 金曜日 ~ 25日 土曜日(但し19・20日は休廊)
※作品展での作家在廊はございません。 企画レッスンに在席いただきます。
11:30~18:00 (最終日 17:00迄)

2017-01-12

 

西宮えびす

今日は戎さんの残り福ですが、Abundanteでは本えびすにお詣りしてまいりました。

今年も無事「開門神事」で福男が決定し、その約三時間後に同じ参道を歩いて参りました。
いいお天気に恵まれ、少し早めに出かけたので人出も少なく2017年も幸先いいかな!

これで、ようやくお正月気分も抜けるかなぁ~

お正月風景も最後。
浜野まゆみさんのおめでた尽くしの徳利。

瓢型に松竹梅が丸紋に描かれています。
浜野さんの細やかで丁寧な筆遣いが、これでもか…というほど楽しめる作品。

お皿にも同じく丸紋に松竹梅が。
品よく華やか、ずっと変わらないお正月の景色を作り出してくれます

お猪口には、ガラスのリキュールグラスを合わせてみました。
ちょっとレトロな雰囲気の小さくて愛らしいグラスが、軽やかさとふっと抜けた感じを作ってくれます。

Abundanteの恵比寿大黒様もおまつりして、一緒にご相伴とあずかりましょう~

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

芦屋の陶芸ギャラリースペース Abundante(アバンダンテ)
陶芸・木工・漆器・硝子等の作品を展示しています
Abundanteへの道順 → click here!
MAPはこちら → click here!

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【横山拓也 2017作品展】

■開催日
日時:
前半 2月4日 土曜日 ~ 9日 木曜日
後半 2月17日 金曜日 ~ 25日 土曜日(但し19・20日は休廊)
※作品展での作家在廊はございません。 企画レッスンに在席いただきます。
11:30~18:00 (最終日 17:00迄)

【横山拓也さんの器で美味しいレッスン】
~春待ちわびて 「甘空」 池㞍彩子さんの早春料理~

■開催日
日時:2月12日(日)・2月13日(月)・2月14日(火)
11:30~14:00

■定員:各7名様 

■参加費: 11,000円
☆Present(横山拓也陶芸作品)を、ご用意しております。
※ご注意!:キャンセル料は、前日及び当日は全額、前々日は¥6000-いただきます。ご了承下さいませ。

■料理 甘空 池㞍彩子

■Coordinator 生田純巳子

お申し込みは、お電話 0797-25-0862 ・FAX 0797-25-0864または、contactよりお受付いたしております!
皆様のお申し込みお待ち申し上げております。 

※案内状をご希望の方は、コンタクトページよりお申し込みください。

どうぞよろしくお願いいたします。

2017-01-11

 

12月も折り返し…

今年中にあれこれと、忙しい日が続いています。

来年の作品展をお願いしている作家さんたちの工房訪問の出張が続いています。
ご注文をいただいていた作品を、お納めできる分は今年中にお届けする手配をしております。

また、来春オープン予定のレストランにお納めする作品などについての打合せも。
他には、取材や撮影などの予定が入っておりなんだかバタバタしています。

いつも作家さんの工房に伺うと、宝探しのようなワクワクの楽しさがあります。

こちらは、漆作家の土井宏友さんの作品。
洋風カルタ(トランプ)柄の蓋物と小皿です。

蓋物は側面が面取りしてあり、それぞれの面に縁起のよい数字や絵札が描かれています。
その数なんと10枚!

小皿の方は、その10枚の札が重なって置かれた形なりに作られています。
は~っ!どちらも気の遠くなるような細かで緻密な仕事。

この洋風カルタのシリーズは札の形の小皿のセットを持っているので、これはもうここで出逢ったのが運命!?

連れ帰りました…

お正月のしつらえ用に使いたいなぁ~と

いつもアイディア溢れる作品に魅了される土井さん。
工房には他にも思わず唸ってしまうようなものがたくさんで、拝見していて飽きません。

そんな作品に囲まれて、土井さんのコーヒー点前をいただきました。
丁寧に淹れてくださった珈琲は、優しい味でほっこり!

来年の作品展でみなさんにご紹介するのが楽しみです

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

芦屋の陶芸ギャラリースペース Abundante(アバンダンテ)
陶芸・木工・漆器・硝子等の作品を展示しています
Abundanteへの道順 → click here!
MAPはこちら → click here!

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

2016-12-19

 

パートドヴェール硝子のうつわ

大室さんの作品を初めて拝見してからもう6年、瞬間で心射ぬかれ、こつこつと出会いを待って集めて来ました。

少し前になりますが、大室桃生さんの作品展で選んだ数点です。
パートドヴェールと呼ばれる、ガラスの粉末を型の中で熔かして成型する技法の1つです。

言わば、陶磁器のような焼き物ガラス。
とてもとても手間暇かかる繊細なお仕事です。

101q

全体に花の柄が入ったエレガントな印象で、眺めていると優しい気持ちになれます。

作品展では作家さんの新作や新しい試みのある作品、今までとは全く違う面を見るのも楽しみのひとつ。
でも、初めて見たときに心惹かれた作品が、変わらず展示されているとホッとして嬉しくなります。

大室さんの作品を初めて拝見した時、花のモチーフがとても印象に残っています。
この作品もその当時のイメージと重なって、懐かしいような気持ちになりました。

テーブルに置くととても華やいで、でも華美ではない温かな優しさもあって、しあわせな気持ちになれます。

101r

小さな作品二つ。盃として使えるサイズです。

黒い方は今回初めて出会った色合いで、華やかさの中にもシックな雰囲気があります。
対になるように選んだ手前の白ベースの方はオレンジとブルーの対比が素敵です。

中に入れるもの、お酒だけではもったいない。
何を入れましょう!
グリーンだけ添わせても綺麗かな…と。

101s

飾っておくだけでも幸せな気持ちになります。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

芦屋の陶芸ギャラリースペース Abundante(アバンダンテ)
陶芸・木工・漆器・硝子等の作品を展示しています
Abundanteへの道順 → click here!
MAPはこちら → click here!

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

2016-11-19

 

お出掛け - 京都 –

先日、少し紅葉には早い京都に行ってまいりました。

101l

楽しみにしていたことがたくさんありましたが、升たかさんの作品展もそのひとつ!
大徳寺近くの器館さんで開催中でした。

升さんも、在廊していらっしゃって久しぶりにお会いできました。

masutaka3

いつもとてもチャーミングな升さんにお会いしたのですが、相変わらずやさしくてほがらかで穏やかで…本当に素敵な方です。
作品も新作がたくさんで、わくわくでした。

101m

写真は蓮華の形の小さな器です。
中に描かれた絵柄もいろいろですが、どれも升さんworld全開!

鳥や動物の柄、更紗や紅型のような柄、写実的なものもお茶目で可愛らしい絵も…全部大好きです。

101n

薬味入れと耳付豆鉢です。

升さんはイラストレーターとして活躍されていて、50才を過ぎてから陶芸を始められた経歴をお持ちです。
描かれる絵はどこか異国の雰囲気と不思議な香りがして、眺めていて飽きません。
空間や余白の取り方、生き生きとした人や動物の表情、storyが感じられる展開…升さんだけが作り出せる世界です

101o

薬味入れは大中小とサイズ違いであったので、中に入れるものを考えながらそれぞれ選びました。
耳付豆鉢はソースやタレ入れにも使いやすいし、この形が重宝しそうです
どれも小さくて可愛らしいものですが、存在感があって食卓に楽しさと華を添えてくれます

101p

色絵五彩ぐい呑です。
さらさらと流れるような筆遣いで描かれたような魚の絵、赤、黄、水色の色使いもはんなりとした雰囲気で友禅を思わせます。
黒での引締め方が升さんらしく…一目で気に入りました

多彩な絵付けでまた魅了されました。

再来年に、作品展のお約束と打合せもさせていただいて、感謝!

初めて升さんにお会いしたときに、
器を扱う仕事をしていく上で矜持となるような言葉をかけて下さいました。
仕事で迷うことや悩むことがあるときには、その時の升さんに言われた事をいつも思い出します。

今も新しい試みのあるお仕事を進めていらっしゃると伺って、私も頑張らねば…とまた力をいただきました

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

芦屋の陶芸ギャラリースペース Abundante(アバンダンテ)
陶芸・木工・漆器・硝子等の作品を展示しています
Abundanteへの道順 → click here!
MAPはこちら → click here!

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

2016-11-16

 

摩利蒔絵の器で美味しいレッスン -2

11月になり、今日から寒さが増すそうですね。
季節の変わり目は、体調が崩れやすく皆様もご自愛下さいませ。

先日開催いたしました「秋を盛る 佐藤慶シェフの料理で楽しむ漆の器」とテーマをつけましたが、いろんな漆の器が登場しました。

101g

こちらは、摩利蒔絵の八寸皿に盛られたお料理。
絵柄は蔦です。

ハッと息をのむくらい美しい一皿

101h

赤と黒という色の組み合わせ、描かれた絵柄もなかなか大胆で個性的。
どんなお料理に…?と考えがちですが、器の持つ力が受け止めてくれるので、臆せず使ってみていただければと思います。

赤木さんの楽しくて深~いお話、佐藤シェフの極上素材の美味しいお料理、そして摩利蒔絵や漆の器の使ってこそ分かる魅力。
素敵な3日間でした。

デザートは栗がごろんと丸ごと入ったカヌレでした。
摩利蒔絵の一番小さなサイズのお皿にのせて。

101i

この摩利蒔絵のお皿は、シンプルな焼菓子や和菓子をのせるとホントにかわいいです。
はっきりとした色使いでモダンな絵柄のお皿ですが、11㎝ほどのサイズなので、その柄もキュートな感じになって使いやすくなります。

カヌレの深いブラウンと漆の赤や白、黒の色がこっくりした秋の色のハーモニーとなりました。

101o

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

芦屋の陶芸ギャラリースペース Abundante(アバンダンテ)
陶芸・木工・漆器・硝子等の作品を展示しています
Abundanteへの道順 → click here!
MAPはこちら → click here!

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

2016-11-09

 

摩利蒔絵の器で美味しいレッスン -1

夜半の雨が嘘のように晴れ渡る秋晴れの一日、塗師 赤木明登さんをお迎えしての企画レッスンが始まりました。

101b

【摩利蒔絵の器で美味しいレッスン】
~秋を盛る 佐藤慶シェフの料理で楽しむ漆のうつわ~
料理 佐藤 慶
Coordinator 生田純巳子

新作「摩利蒔絵」展にあわせての開催です。

新作「摩利蒔絵」とは
輪島塗下地を和紙で包んで仕上げた、赤木明登さんの「輪島紙衣」
会津オリジナルの加飾技法を八木由紀子さんがさらに進化させた「朱磨」
図案・山本祐布子(イラストレーター)
の三者のコラボ企画から生まれた作品です。

101a

101w

こちらは、新作摩利蒔絵のそば猪口蔦の柄です。
黒地に大胆に描かれた蔦の葉がモダンな印象です。
刳り盆の赤と合わせました。

一彫り一彫りの鑿跡が感じられるような刳りもののお盆は、日常の食卓にこそ登場させたい漆の器です。
小さめサイズなので、MYお盆として、お茶の時間に、夜長の晩酌タイムに…かわいいお供になってくれそうです。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

芦屋の陶芸ギャラリースペース Abundante(アバンダンテ)
陶芸・木工・漆器・硝子等の作品を展示しています
Abundanteへの道順 → click here!
MAPはこちら → click here!

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

akagi_hp

2016-10-17

 

赤木明登 「摩利蒔絵」展

秋晴れの一日、塗師 赤木明登さんの作品展の初日となりました。
Abundanteでは初めてご紹介させていただく作家さんです。

【新作 「摩利蒔絵」 展】
輪島紙衣(かみこ) 塗師 赤木明登
   ×
会津朱磨(しゅみがき) 蒔絵師 八木由紀子

■ 開催日
日時:10月7日(金)~ 14日(金)
11:30~18:00 (最終日 17:00迄)

101q

輪島塗下地を和紙で包んで仕上げた、赤木明登さんの「輪島紙衣」
会津オリジナルの加飾技法を八木由紀子さんがさらに進化させた「朱磨」
図案・山本祐布子(イラストレーター)

産地の壁を乗り越えて、その二つの技術を融合させてできあがったのが、この「摩利蒔絵」
名前の由来となった「摩利支天」は、太陽の光とその影を司る神の名。

朱と黒。 朱と白。 シンプルな色の組み合わせだけで、植物紋を表現します。
太古の昔、器が始まった時から装飾に使われてきた植物模様。
菊、桐、松、蔓草など、それぞれのモチーフが深い象徴的な意味を持っています。
 
生と死のはざまに込められた、人の根源的な願望が込められているのです。
特別な「摩利蒔絵」、福島につづいて西日本で初めての発表をAbundanteで行います。

今回赤木さんには、ふだんに使える漆の器もたくさんご用意していただきました。

是非、ご高覧ください。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

芦屋の陶芸ギャラリースペース Abundante(アバンダンテ)
陶芸・木工・漆器・硝子等の作品を展示しています
Abundanteへの道順 → click here!
MAPはこちら → click here!

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【摩利蒔絵の器で美味しいレッスン】
~秋を盛る 佐藤慶シェフの料理で楽しむ漆のうつわ~

■開催日
日時:10月17日(月)・19日(水)
11:30~14:00

■定員:各7名様 

■参加費: 14,000円
☆Present(赤木明登漆器作品)を、ご用意しております。
※ご注意!:キャンセル料は、前日及び当日は全額、前々日は¥6000-いただきます。ご了承下さいませ。

■料理 佐藤 慶

■Coordinator 生田純巳子

akagi_hp
※案内状をご希望の方は、コンタクトページよりお申し込みください。

2016-10-07

 

浜野まゆみ2016作品展より

染付兎紋分銅形皿。

101p

江戸中期の骨董をお手本に作られたオリジナルの形です。
古陶のエッセンスを取り入れながら浜野さん流にアレンジした作品は、気品があって美しく背筋がしゃんとするような静かな佇まいです。

手の込んだ作り、詩的でストーリーのある絵柄、細やかに丁寧に気持ちを込めて作られたことが伝わってきます。

101o

こちらの染付絵違あわび形小皿は、今回企画レッスンご参加の皆様へのプレゼント作品です!

どの絵がお手元に来るかはわかりませんが、お楽しみに~~!

お知らせ!
浜野まゆみさんの器で美味しいレッスン
  ~洗練のクラシック 広里貴子さんに習う~

9月24日 土曜日に、1席お席のご用意がございます。
ご希望の方は、ご連絡をお待ちいたしております。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

芦屋の陶芸ギャラリースペース Abundante(アバンダンテ)
陶芸・木工・漆器・硝子等の作品を展示しています
Abundanteへの道順 → click here!
MAPはこちら → click here!

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

秋のAbundante作品展と企画レッスン。

mayumihamano_hp

陶芸家 浜野まゆみ 2016作品展

【 会期 】
前半 9月16日 金曜日  ~  21日 水曜日
後半 9月29日 木曜日  ~  10月2日 日曜日

開催時間  11:00  ~  18:00(最終日は~17:00まで)

是非、お運びくださいませ。

浜野まゆみさんの器で美味しいレッスン
  ~洗練のクラシック 広里貴子さんに習う~

【開催日】
日時:9月24日(土)・25日(日)・26日(月) 
11:30~14:00
【定 員】 : 各7名様
【参加費】 : 11,000円
☆Present!(レッスンでも使用する作品のプレゼント付き!)
※ご注意!:キャンセル料は、前日及び当日は全額、7日~前々日は¥6,000-いただきます。ご了承下さいませ。

【料 理】     貴重 広里貴子
【Coordinator】    Abundante 生田純巳子

どうぞよろしくお願いいたします。

2016-09-18